T's Bar
Tigars is..my life.... たんたんと、こつこつと・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムラカミハルキ
虎番・・・かっこよかったねぇ。
今年はホントご機嫌さんですな。

で、全然話が変わるので恐縮ですが、
あまりにも感動したので残しておきたくなったので。。

ムラカミハルキ、えぇ、ハルキムラカミ。
エルサレム賞を受けることは知っていた。
受賞に反対の声があることも知っていた。

日本に残って受賞を断ることも。
エルサレムまでいって読者に向けてありがとうってのも。
イスラエルを非難することも、
肩をすくめてやれやれっていうことも。
ハルキがどんな行動を選択してもいいと思っていた。
彼の紡ぐ嘘にはまっている一ファンだから。
でも、今回彼の語った真実にめちゃ魅せられた。
思わず立ち上がってTVに拍手するほど、
彼独特の言い回しで
彼自身の意見をあまりにきれいに述べたこと
流暢な英語も、冷静な態度も、
もっともな意見も素晴らしかった。
思わず虎番見忘れそうになるぐらい。
TVやニュースは切り取るところが・・・ってところあるので、
できるだけ原文に近い形で拾ってみた。
興味があれば読んでみてくださいまし。
めちゃくちゃ長いけど。

So I have come to Jerusalem.
I have a come as a novelist, that is - a spinner of lies.

Novelists aren't the only ones who tell lies - politicians do (sorry, Mr. President) - and diplomats, too.
But something distinguishes the novelists from the others.
We aren't prosecuted for our lies: we are praised.
And the bigger the lie, the more praise we get.

The difference between our lies and their lies is that our lies help bring out the truth.
It's hard to grasp the truth in its entirety - so we transfer it to the fictional realm.
But first, we have to clarify where the truth lies within ourselves.

Today, I will tell the truth.
There are only a few days a year when I do not engage in telling lies.
Today is one of them.

When I was asked to accept this award,
I was warned from coming here because of the fighting in Gaza.
I asked myself whether travelling to Israel at a time like this
and accepting a literary prize is a proper thing to do
and whether this creates the impression I supported one side in the conflict
and that I endorse the policies of a nation that chose to unleash it's overwhelming military power.
Neither of course do I see my books subjected to a boycott.
Finally however, after careful consideration, I made up my mind to come here.
One reason for my decision is that all too many people advised me not to do it,
like many other novelists I tend to do the exact opposite of what I am told, yeah...
It's in my nature as a novelist.
Novelists can't trust anything they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands.

I choose to come here rather than stay away.
I chose to see for myself rather than not to see.
I chose to speak to you rather than to say nothing.
So please do allow me to deliver a message, one very personal message.
It is something I keep in my mind, always keep in my mind while I am writing fiction.
I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall, rather it is carved into the wall of my mind.
It goes something like this -
between high solid wall and an egg (that) breaks against it
I will always stand on the side of the egg.
No matter how right the wall may be, how wrong the egg
I will be standing with the egg.

Why?
Because each of us is an egg,
a unique soul enclosed in a fragile egg.
Each of us is confronting a high wall.
The high wall is the system which forces us to do the things
we would not ordinarily see fit to do as individuals.
I have only one purpose in writing novels,
That is to draw out the unique divinity of the individual.
To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us.
So - I write stories of life, love. Make people laugh and cry.
We are all human beings, individuals, fragile eggs,
We have no hope against the wall:
it's too high, too dark, too cold.
To fight the wall,
we must join our souls together for warmth, strength.
We must not let the system control us - create who we are.
It is we who created the system.

I am grateful to you, Israelis, for reading my books.
I hope we are sharing something meaningful.
You are the biggest reason why I am here."

そう、僕はイスラエルにやってきました。
小説家として……「嘘」を紡ぐ者として.
「嘘」をつくのは小説家だけではありません。
政治家も(失礼、大統領!)、外交官も嘘をつく。
けれど、小説家のそれは彼らのとは違う。
僕たち小説家は嘘をついても訴えられることはないし、
その嘘がより大きければ、賞賛も大きくなる。
 
そしてまた、彼らと僕たちの「嘘」の違いは、僕たち(小説家)の嘘が、時に真実を照らし出す助けになることがあるということ。
真実をつかみ取ることは非常に困難なことで、
だからこそ僕たちは、その真実を「フィクション」の世界に紡ぐのです。
 
今日、僕は「真実」を話そうと思う。
1年のうち数日だけ、嘘をつかない(小説を書かない)日があるけれど、今日はその1日なのです。
 
 今回のエルサレム賞受賞について打診された時、
僕は警告を受けました。なぜならガザは紛争の最中にあったからです。
「いまイスラエルに行くことは、この賞を受けることは適切なのだろうか?」
「どちらか一方に肩入れすることにならないだろうか?」
「その賞を受け取ることは、圧倒的な軍事力を行使する政策を是認したことにならないだろうか」
そう自問しました。
 
もちろん、こうした印象を受けることによって、
僕の本がボイコットされることはありません。
最終的に僕はそれらを考慮し、その上で、ここに来ることに決めました。
来ることを決めた理由のひとつは、
あまりにも多くの人が僕に「行くべきではない」と言ってきたことです。
多くの小説家がそうであるように、僕は人にいわれたことと逆のことをしがちだし、
それが僕の、小説家としての本質だからです。
小説家は自分の目で見たこと、自分の手で触ったことしか信じることができません。
だから僕はとどまることよりもここに来ることに、
見ないのではなく見ることに、語らないことよりも語ることにしたのです。
どうか僕にひとつの、とても個人的なメッセージを届けることをゆるしてほしい。
これは僕がフィクションをつづる時にいつも心がけていることであり、
紙に書いて心の「壁」に貼る、というよりもむしろ、心の「壁」に刻みつけていることです。

高くそびえ立つ壁とそれにぶつけられて壊れる卵
僕はいつも卵の側に立つ。
その壁がどんなに正しいとしても、卵がどんなに間違っていたとしても、
僕は卵の側に立つ。 
 
なぜ? 
僕らひとりひとりが、その「卵」だから、
かけがえのない魂をもつ壊れやすい「卵」だからです。
僕たちはいま、それぞれが「壁」に向かい合っています。
高い壁は、人に行動を去勢させる「システム」です。
 
 僕が小説を書いているたったひとつの目的は
それぞれの人のかけがえのない神性を描き出すことにある。
その個性を満足させるために、
そして僕たちが「システム」に巻き込まれることを防ぐために。
だからこそ僕は、人生、愛を書き、人々に笑いと涙をもたらすのです。
 
 僕らはみな、人間であり、個人であり、壊れやすい卵です。
「壁」はあまりに高く、暗く、冷たくて、
それに立ち向かう僕たちに、望みはありません。
「壁」と戦うために、僕たちの魂は、
暖かさと強さのために心を一つにしなくてはいけません。
僕たちは僕らの作った「システム」にコントロールされるべきではありません。
それはまさに、僕らが作った「システム」なのですから。
 
僕の本を読んでくれたイスラエルの人々に感謝しています。
僕たちがなんらかの意義を共有できればとおもう。
あなたたちこそが、僕がここにいる最大の理由なのだから。
 
エルサレムポストFeb 15, 2009、AP通信 、その他ニュース


まだ完全ではありません。
壁側に立つ小説家に何の意味もないとか
壁とは戦車がどうとかいっていたように思うのですが
ちょっと拾えませんでした。
訳もざっと訳しただけなので完璧ではありません。
英語が原文になります

どっかの酔っぱらいの姿を延々と流すよりも
彼の講演を全部放送すべきなのに。そうなのに。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sai42.blog59.fc2.com/tb.php/371-0618e300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。